三島由紀夫「仮面の告白」とフレディマーキュリー

仮面の告白三島由紀夫24歳で刊行された半自伝的小説。


幼年時代
「王子たちのあのタイツを穿いた露わな身装(略)を空想することが、どうしてそのように快いのか」
「音楽映画をみに(原文まま)行った。袖口に長いレエスをひるがえした宮廷服が忘れられなかった」
クレオパトラ(略)活動写真(略)私は耽奇の目で眺めていた。(略)瞼全体にアイ・シャドウを塗った沈鬱な目つきを。その着ていた超自然な衣装を」
「扮装慾は(略)十歳ごろまで顕著につづいた」
「そこには(略)がいた。私の目には誰も見えなかった。私の熱狂は、自分が扮した(略)が多くの目にさらされているという意識に集中され」
「私は一人の男の子であることを、言わず語らずのうちに要求されていた。心に染まぬ演技が始まった」
17歳
「あこがれていた髪を伸ばすというのぞみ」
19歳
「ピアノの音が、彼の妹に対して私をぎこちない人間にしてしまった」(園子と出会う。モデルになった女性は邦子。戦争中)
「私には異性の肉感についてまったく定見というものが欠けていた」
21歳
「私の直感が園子の中にだけは別のものを認めさせる」
「園子への心の一途な傾倒と、それとは何の関わりもない常軌を逸した肉の欲情」
「私はただ生まれ変わりたかった」
「園子が或る男と見合いをして(略)結婚した」
22歳
「園子に逢いたいという心持ちは神かけて本当である。しかしそれに些かの肉の欲望もない」
23歳
「何事もなく逢い何事もなく別れるような機会をいくつか持った」
「園子のことを考えない日はなかったし、逢うたびごとに静かな幸福を享けた」
「こうした関係にあって、私はしかも、私にしかわからない不徳のよろこびをも抜け目なく味わっていた」
「私たちはお互いに手をさしのべて何ものかを支えていた」


「」内は原文引用、フレディマーキュリーを彷彿させる部分です。他にもたくさんあります。
ノーベル賞選考委員会にアドバイスを求められたドナルドキーン氏は63年、日本の年功序列に配慮し谷崎潤一郎川端康成三島由紀夫、の順で回答したそうですが(谷崎は選考過程で他界)、本心、三島が一番、と考えていたと後年、NHKに答えています。
凡庸な私もそう思います。

f:id:hanadayumiko:20190211145937j:plain

細江英公写真集

f:id:hanadayumiko:20190211150405j:plain

ブライアンメイ公式サイトアーカイブ

薔薇と水仙
(ダフォダイルと20代インタビューと45歳PVで表現していますが、ヒヤシンスの間違いでは?どなたかご存知ですか)

f:id:hanadayumiko:20190211150535j:plain

新潮社著者プロフィール

f:id:hanadayumiko:20190211150602j:plain

ブライアンメイ公式サイトアーカイブ

上の似ている2人の謙虚エピソード、三島由紀夫ノーベル賞推薦文章を谷崎(58年)、川端(61年)、それぞれの為に書きました。
45歳(フレディと同じ年齢・・)で割腹自殺する月まで国民年金保険料を支払っていました。
don't do suicide, don't do it, don't do it
ジョンディーコンは学歴、演奏技術、世界大ヒット作曲能力、the4人の数億というお金の出入り管理能力、ブライアンメイたらしめる手先の起用さにもかかわらずゴリラの被り物をかぶりゴリラの動きで「いいとも」に出ました。

 

www.amazon.co.jp

www.amazon.com